アイプチ、アイテープ、二重美容液のメリットとデメリットを徹底比較!ナチュラルな二重を作るならどれがおすすめ?

二重を作る方法

アイプチ、アイテープ、二重美容液のメリットとデメリットを徹底比較!ナチュラルな二重を作るならどれがおすすめ?

更新日:

腫れぼったい一重まぶたを二重にするアイテムは色々ありますが、その中で本当に効果が発揮されるのはどれなのか、誰もが気になるところです。
こちらでは二重アイテムのアイプチ、アイテープ、二重美容液、それぞれの使い方やメリット、デメリットを比較していきます。

アイプチの使い方やメリット、デメリット

アイプチの使い方やメリット、デメリット

アイプチでナチュラルな二重を作るコツ

①理想の二重になる部分の幅を決めます。
専用のプッシャーで瞼を優しく押しながら癖をつける部分を見つけましょう。
初めて使う場合は、癖をつける部分を決めたらアイライナーなどで薄く印をつけるとアイプチを塗りやすいかもしれません。

②癖をつける場所が決まったら、そこにアイプチを塗っていきます。
癖のラインに沿って塗りましょう。

③最後にプッシャーで二重の癖をつけた部分を食い込ませるように押していきます。
④そのあとはアイプチが乾くまで待てばOKです。
プッシャーでこするように癖をつけると、塗ったアイプチがぐちゃぐちゃになってキレイな瞼が作れないので注意しましょう。

アイプチのメリット

お手頃価格で購入できるので、学生でもお小遣いの範囲で使い続けることが出来るのはメリットのひとつです。
手に入りやすいだけでなく、使い方に慣れてくると二重の作り方が簡単に感じられます

アイプチのデメリット

見た目がどうしてもナチュラルに作りにくいので、いくら使い方に慣れても他人から見たときにアイプチで二重にしてるのがバレてしまいます。
また、普段コンタクトレンズを付けている場合、ドライアイの症状が出ている場合は目に負担がかかりやすいので、その日の調子や具合によってアイプチが使えないこともあるので不便に思うかもしれません。

継続して使い続けると肌がかぶれたり、場合によってはまぶたがたるんでしまうこともあるので注意しましょう

アイテープの使い方やメリット、デメリット

アイテープの使い方やメリット、デメリットアイテープには両面テープタイプと片面テープタイプがあります。
使い方はどちらも同じです。

アイテープでナチュラルな二重を作るコツ

①プッシャーを使って、キレイな二重になる部分を探します。

②癖をつける場所が決まったら、ラインに沿ってテープを貼ります。

③プッシャーを使ってテープを貼った部分を奥に押し込めるように接着させたら終了です。

アイテープのメリット

接着面はそれほど広くないので違和感を感じることはありません。
見た目にも、瞬きをしたときにテープが目立たないので見栄え的にもメリットがあります

また、テープを使って癖をつけるタイプなので、瞼がかぶれたり肌が荒れることが少ないのもメリットと言えます。

アイテープのデメリット

テープを貼るだけなので、なかなか癖が付きにくいことがデメリットになります。
また、テープには直線的な形やカーブになった形がありますが、その形が自分の瞼に合うか合わないか分からないのも困ってしまいます。

テープの形によって不自然な仕上がりになることがあるので、自分の瞼に合うタイプを探せないとキレイな二重を作るのは難しいでしょう

二重美容液の使い方やメリット、デメリット

テープの形によって不自然な仕上がりになることがあるので、自分の瞼に合うタイプを探せないとキレイな二重を作るのは難しいでしょう。 二重美容液の使い方やメリット、デメリット基本的な使い方として、使うタイミングは寝る前です。
寝ている間に二重の癖をつけることを目的としたアイテムが二重美容液です

二重美容液でナチュラルな二重を作るコツ

①まず瞼の油分を落とします。
乳液やクリームを塗ったあとだと接着力が弱まってしまうので注意しましょう。

②瞼の癖をつけたいラインを探します。
プッシャーで瞼を押していくと、理想の場所が見つかります。

③そこに二重美容液をラインに沿って塗っていきます。
筆を倒さずに立てたまま塗ると余分なところに液が付かないので上手に塗れます。

④そのあとさらにプッシャーを使って二重の癖をつけますが、横に滑らすのではなく、プッシャーを押し付けるように癖をつけます。

⑤あとはしっかり乾燥させましょう。

⑥翌朝起きたら、洗い流します。
洗い流したあとでも二重の癖がしっかりつくのが二重美容液の大きな特徴です。

二重美容液のメリット

ナチュラルな二重を作りやすいのが二重美容液のメリットです
二重の癖を無理に作るのではなく、寝ている間に癖をつけて翌朝美容液を洗い流すため、周りの人から見られた時に美容液で癖をつけていることを気づかれにくい特徴を持っています。

使い続けていくごとに、美容液の働きによって自然な二重に近づくことが出来ますし、瞼や皮膚に負担をかけることもないので安心です

二重美容液のデメリット

美容液の働きによって、使い続けることで完全な二重を作ることが出来ますが、それまで多少期間を要することがデメリットと感じる方もいるかもしれません。
また、アイプチやアイテープに比べると多少値段が高いこともデメリットに感じることもあります。

アイプチ、アイテープ、二重美容液を改めて比較

アイプチ、アイテープ、二重美容液を改めて比較アイプチアイテープは、糊やテープによって二重を作るのに対して、二重美容液は美容成分の働きによって二重を作ります
手早く作るという意味ではアイプチやアイテープに軍配があがりますが、瞼や肌に優しく自然な二重を作ることが出来るのは二重美容液に軍配があがります。

値段で言うと、アイプチやアイテープは購入しやすい価格設定ですが、二重美容液はスキンケアとして美容成分が含まれているためアイプチやアイテープに比べると多少値段が高くなります。
最終的な目標として、アイプチやアイテープは一時的に二重瞼を作ることを目的にしています

しかし、二重美容液は一重まぶたを二重にすることを目的にしているので、使い続けていくと美容液をつけなくても自然な二重の癖がついてくれます。
二重の癖をつけてプッシャーで押し上げるという使い方はアイプチもアイテープも二重美容液も同じです。

あとはお手頃に使い続けるか、それとも将来的に自然な二重を手に入れたいのか、目的によって使い分けてみてはいかがでしょうか。

ナチュラル二重なら二重美容液がおすすめ

ナチュラル二重なら二重美容液がおすすめいま女性たちのみならず男性たちの間でも二重美容液が話題になっています。
スキンケアをしながら二重を作れることが最大の魅力と言われています。

糊で瞼の皮膚を刺激することがないので肌荒れの心配がありませんし、何より見た目のナチュラルさが自信に繋がります。
洗顔で顔の汚れを落として、化粧水で顔に潤いを与え、美容液で肌に栄養を与えて、クリームや乳液でカバーする、この一連のスキンケアのひとつに二重美容液を仲間入りさせてみてはいかがでしょうか。

スキンケアの一環と考えると、値段もそれほど高いわけではないのも二重美容液の魅力です。
使い始めて数日でクッキリ二重に生まれ変われる訳ではないものの、肌に刺激がなく、美容成分を与えて瞼に二重の癖をつけるなら、多少時間がかかっても安心して使い続けられるのでいいという声が多いのも納得でしょう。

これまでアイプチやアイテープで二重瞼を作ってきたけれど、その仕上がりがイマイチ満足できないという方や、肌が荒れて困っていたという方は、二重美容液がおすすめです。
二重美容液を選ぶときは、どんな成分が含まれていて、それらがどのように作用するのかチェックすれば安心でしょう。

とくにアレルギーを持っている方は含まれている成分をしっかりチェックして使えるかどうか事前に確認しておいてください

効果とコストと成分で選ぶ!おすすめ二重美容液【総合】

▼効果にこだわった二重美容液を選ぶなら♪▼二重美容液>>おすすめの二重美容液の詳細情報はコチラから♪<<

-二重を作る方法

Copyright© 二重美容液の効果を徹底比較|二重美容液をおすすめランキング形式で紹介! , 2018 All Rights Reserved.